SSブログ

晴 レ 渡 リ シ 空 ニ 我 想 フ(Photo日記) [☆音楽日記☆]

でわでわ、今日11/1から10日間ほど音の旅にでます。ここから西に向かって。。。。。
きっと素晴しい出会いや優しさに包まれて曲が出来ると願います。
日記はしばらく更新出来ませんけど
僕は旅の中で、アナタに届ける音を紡ぎ出してきます。

今日は満月○11/1は奈良の新薬師寺、2日は奈良・吉野の天河辨財天社での奉納会。
全身全霊で奏でてきますね。Live infoをチェックして下さいね。
 
Live info
最近は西へ東へ大忙しで駆け回ってます。
こんな時代に忙しいなんて嬉しいですね、これも皆さんのお陰です。心から感謝です!!

Nada-Delightでのライブは今回僕の家から15分ほど車で東に行った
密蔵院』というお寺でライブをしました。

そして舞姫Keikoさんとご一緒した国際文化交流イベント、バリ島の子供たちをお招きして
神奈川県の伊勢原市の大山阿夫利神社下社の神殿で御奉納。

来週の奈良の新薬師寺と天河大辨財天社と言い最近はお寺と神社での演奏が多く
ある方に「神無月だから神降ろしのBUNさんの演奏が必要とされているのでは」・・・・
何と受け答えをしたらよいのかアハハとってもスペシャルなお言葉には間違いはないので
有り難く頂戴させてもらいます。

台風一過の翌日、  晴 レ 渡 リ シ 空 ニ 我 想 フ 

こんな美しき日に依代で音を紡げるなんて・・・・・

DVC00016.jpg




江戸川区の密蔵院はお不動さまのお寺、
不動明王さまと閻魔さまが鎮座する本堂でのライブです。
背を向けるのにちょっと躊躇してしまうくらいもの凄い形相なお顔立ち

DVC00004.jpg


小さい頃「お願いします閻魔さま!!舌を抜かないで下さい!!」と眠る前に想像して
夜な夜な枕を濡らしたこともありアハハ、背筋が伸びるような緊張感が漂ってました。

DVC00005.jpg


何か怒られそうって思ってしまうのはしょうがないよね。

そんな気合いを入れられつつやったライブは今までとは違うライブが出来た。

うん手応えが掴めたいいライブだった☆ そろそろNada-Delightも音源を作らなねば!!と

この日記を書いていたらメンバーの倍音クレイジー★岡山守治くんから
音源のファイルが届いた。なんてタイミング☆☆☆のよさ♪
閻魔さま、不動明王さまはきっとそれを望んでるのでしょう。
来年には1stアルバムをリリースしたいですね☆

リハ風景
DVC00003.jpg


来て下さった皆様方ありがとうございました。
あおいちゃん、久しぶりだったね♪

そして打ち上げです...ものすごい打ち上げでした。

「まつる」の二人の熱唱もさることながらアハハほぼ男祭り!!

ちょっと写真はUPできないよぉ〜アハハ☆

ご住職さんありがとうございます。



そして一日おいて西へ西への大山阿夫利神社へ・・・・
朝めっちゃ弱い僕が七時に起き八時には出発Go!!Go!!
けどぉ〜首都高がなしてこんな混んどるのぉ〜〜〜深呼吸しつつ西へ西へ・・・・・
用賀の料金所を過ぎた辺りで雪をすっぽりかぶった富士山を愛でテンションを上げ↑↑↑
海老名サービスエリアで朝食を摂り厚木で降り、
日本のピラミッドと昔「ムー」という雑誌で読んだことのある大山へ!!
この辺りは二十代オフロードバイクでよく来たなぁ、ヤビツ峠なんて懐かしい。

けど誤算だったのが車では途中までしか行けなかったぁ(^_^;
最小の機材と楽器&衣装を肩に掛け322段(だったかな?)の階段をひたすら登り昇り
台風一過の翌日で空は美しく澄み渡り日差しが強かったぁ。
小さな橋を渡りそこで一休み、紅葉づいてきたなぁ。

DVC00013.jpg


やっとの思いでケーブルカーの追分駅に到着、Tシャツは汗でビショビショ。。。。

遠足に来ていた小学生約30人と一緒に乗車、アハハこれは盛り上がるでしょう!!
だんだんと平野が見えてきてそして海までも一望出来て、けど周りは紅葉の山の中☆☆☆

DVC00015.jpg


いいね〜、遠足最高だね!!

終点下社駅に、降り立った場所は絶景の中の絶景でした。

DVC00014.jpg


どうにかこうにか社殿に着き荷物を降ろし神社散策を

こんな大山名水を発見!!旨かったぁ!!これで珈琲を飲んでみたいな。

DVC00017.jpg


そして『さざれ石』   って知ってます?

DVC00018.jpg


「君が代」での 「さぁざぁれぇ〜石のぉ〜巌(いわお)となぁ〜りてぇ〜・・・・・」の
「さざれ石/細石、さざれいし)は、小さな石の欠片の集まりが
炭酸カルシウム(CaCO3)などにより埋められ、1つの大きな石の塊に変化したもの。
「石灰質角れき岩」とよばれる。石灰岩が雨水で溶解し、石灰質の作用により、
小石がコンクリート状に凝結して固まってできる。
日本では滋賀県・岐阜県境の伊吹山が主要産地である。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

うぅ〜ん深いなぁ〜

そんな散策をしていたら鮮やかな彩が目に飛び込んできた。
バリ島の子供達が到着しました。

DVC00019.jpg


実はこの小学校の子供達の村はとても貧しくて踊りを教える方も今はいなくなってしまって
村の伝統芸能自体が途絶えてしまっていたそうです。

DVC00020.jpg


「たこ凧揚がれ♪」の企画を機会にバリ島でボランティアの先生が見つかり
この二ヶ月半の間車で3時間もかかる村まで移動し
(子供達は車に乗ったのもはじめて!)練習を重ねて来ました。
それはここで奉納演奏をするために・・・・



まずKeikoさんと僕とで二国の架け橋の舞と音の奉納を
Keikoさんは「ここの神殿は凄いねBUNさん、手がビリビリとするぐらい」

「うん!!本当に!!」

神殿の真ん中に大きな鏡があるのです。
そこに映る自分は申し訳ない程小さく見えたり、または鏡に吸い込まれそうになったり
時には堂々と映ったり、とても不思議な感覚を覚えました。

ネイティブアメリカンフルートの音色が天井近くで響き渡るのが聞こえます。
カリンバの音霊は社全体にココチヨク吸い込まれていきます。
Keikoさんは舞ながら万遍の笑みを讃えていて
このバリ島と日本との架け橋作りでもある舞と音は一致とでも言うのか
完璧そして完結し役目を終えたと感じました。

そして子供達の舞です。

DVC00022.jpg


無心に舞う健気な幼い魂は時折まるで成熟した大人に見えるくらい
堂々してました。

DVC00023.jpg


この二ヶ月半の間でこんなにも踊れるなんて驚きです。
やはり血がその文化の記憶を留めているのでしょうね。
立派です、素晴しい!!

DVC00025.jpg



多くの方々がこの奉納をご覧になってくれました。

DVC00026.jpg



この機会を数年前から立案企画してた道子さん本当に大成功で良かったですね。
伊勢原市長まで駆けつけて下さって嬉しかったです。

帰りの参道の階段を下る時に空には虹が☆☆☆

DVC00028.jpg


見えづらい方はクリックすると↑大きい画像になります。




とても僕自身浄化された日々でした。

そして秋も深まりつつあるのも体感出来ました。

DVC00030.jpg










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0